「美白ケア」に反応する皆さんへ

こんにちは、仙台泉中央富谷のフェイシャルエステサロンアンベリール早坂(@Embellir0204)です。

「美白」や「紫外線」ってワードがとっても気になる季節になりましたね。

春先の4月〜6月は紫外線が一年の中で最も強い時期になりますが、ピークは5月といわれていますね。

テレビや雑誌でも「美白」の特集が組まれるようになりますから気にならないわけがないと思います。笑

でも本気で美白を考えるのなら年中考えてください、なんですが。笑

そもそも美白とは肌自体を白くする事ではありませんし、シミを消す事でもありません。

美白とは?

私みたいに「地黒だから美白して白くする!」なんて躍起になっても無駄なのです。

なので私は憧れの色白肌には一生なれません。笑

美白とは、色素沈着が少ない、より白い肌を目指すという美容上の価値観、ないし,そのような状態の肌の事である -wikipedia-

肌の日焼けを抑えなるべく肌本来の色を保ちましょう!という事で、

白い肌になります!ではありませんよという事。

生まれ持ったその肌の色をそれ以上白くする事はできません。

どんなに全身に美白化粧品を塗りたくろうが、UVカットの洋服で全身防御しようが、です。

美白とはあなたの肌の色をそのまま保つため、それ以上黒くさせないように予防するための事が「美白」です。

美白ケアでシミは消えるのか

今日いらした50代のお客様も「最近の話のネタはシミの話題」なんておっしゃってましたけどシミも同様です。

美白ケアをしたからってシミが消えるのかといったらそうではありません。

シミを消そうと一生懸命美白化粧品を必死に探してたり、

こうやって暖かくなりはじめると、今までの化粧品から一新して美白化粧品に変えたがる方もいますが、

化粧品を美白用に切り替えたところで今肌に出ているシミは消えません。

「美白=今出ているシミを消す」ではなく「美白=これから表に出てくるだろうシミ爆弾を出さないよう予防する」為のケアです。

美白化粧品は肌質や状態によっては凶器になる

安易に美白の物を使ってしまうと肌トラブルになってしまう方も中にはいらっしゃいます。

美白成分と言われるものは刺激になりやすいものが多いので、判断を誤ると炎症を引き起こしたり皮膚がただれたりする事も。

特にこの時期はそんなお客様が増えますし、実際に「同じメーカーの物で美白ラインに変えたら肌荒れした」と言って来店された方もいました。

それだけ美白製品は肌の状態によっては刺激になったりする物もあるという事です。

なぜかというと、

肌トラブル(乾燥、角質肥厚、毛穴汚れ・・など)がある状態で使用開始している事、

もともと皮膚が薄く敏感な肌質だった事、

ご自身で肌を敏感にさせてしまっていた事。

そもそもの素肌環境がが悪かった事で美白化粧品で刺激を受けやすい状態になっていたという事です。

私も美白の物は安易に進めませんし、どんなに使いたいと言われてもむしろお客様の肌状態によってはお断りするぐらい。

「今のお客様の肌の状態では美白成分を受け入れられる肌環境ではありませんので、まずは素肌全体の土台を整える保湿ケアをおすすめします」

という話をします。

美白ケアを必要とする肌状態ですか?

今のあなたの素肌状態が美白製品を受け入れられる状態かどうか、

美白ケアを必要とする肌状態かどうか。

紫外線や美白の意味を理解する事、そして美白ケアをする前に自分の肌を知る事、とても大事になります。

「美白って肌白くなるんだよね?シミ出ないようにするんだよね?」みたいなボヤッとした感覚なのも仕方がないのですが、

でもこのボヤッとした認識のままでいるのがちょっと危険でもあり。

そして美白も大切ですが、今現在の自分の肌をもう一度チェックしてみてください。

乾燥してませんか?カサつきやテカリで悩んでいませんか?

くすんでいませんか?肌のキメが粗くゴアついてませんか?

ヒリヒリする事はないですか?赤みや炎症が出ていませんか?

毛穴汚れは酷くないですか?

日々、潤いを保てており肌は柔らかく滑らかですか?素肌は健康ですか?

美白ケアよりも保湿ケアの方が重要

簡単にいうと肌トラブルのある状態で美白ケアをしても効果的ではありません。

肌トラブルがほとんど目立たない肌、

肌の乾燥もなくキメが毎日整っている潤いある素肌への美白ケアは使う化粧品にもよりますが断然効果的です。

肌トラブルがない状態の素肌は化粧品の通り道がしっかりできているので有効成分もしっかり角層へ浸透しやすくなります。

ただし、

保湿ケアも不十分、毛穴汚れも日々うまく取りきれていない、肌のキメが粗く皮膚も硬くゴアついてる・・などの状態が悪い肌にはどんなに良いとされる化粧品を使ったところで、

通り道が塞がっていれば化粧品も行き場がなく蒸発して終わりです。

肌に付着する汚れをいかに肌に負担をかけず、やさしく落とし清潔な状態にできるか、

肌を柔軟にし化粧品の受け入れ体制を整えられるか、

肌に必要な水分と油分のバランスを整えつつ、しっかり補っていけるか。

素肌状態を整えられて美白ケアも十分に活かされます。

美白ケアより先に、まずは保湿ケアがしっかりできているのか?肌トラブルがなく毎日快適に過ごせているかを確認してみてくださいね。

まとめ

美白ケアも大切ではあるんですが、やはり全ては日々の素肌状態次第だなと感じますし、

紫外線から肌を守れるのもやはり肌を保護するためのバリア機能がしっかり機能しているか。

これは肌の若々しさを引き出すためにも、美白ケアをするためにも、エイジングケアをするにしても、

肌を保護する力が弱く素肌状態が悪ければ美白化粧品だろうがなんだろうが化粧品の役目は果たせていないわけなので紫外線もどんどん吸収されますし、

美白ケアを頑張っても効果が発揮されなければ全く意味がありません。

今の自分の肌は美白ケアを必要としてるのか、まずは保湿ケアが必要なのかしっかり見極めた上でケアをしていきましょう。

そのためにも、クレンジングや洗顔のやり方など正しく行えているかはかなり大事な一歩です。

美白ケアの前にご相談ください◎

ご予約・お問合せはこちら

関連記事

  1. 日焼け止めの選び方について

  2. 【要注意】「誰でも・簡単に・すぐ」と謳っている化粧品に振り回…

  3. 肌に良いとされる美容法やスキンケアが自分に合わない理由

  4. 乾燥、毛穴、ニキビ、、肌の悩みを減らすための美容法を判断でき…

  5. 朝洗顔は絶対ぬるま湯?! 洗顔方法は肌タイプによって違います…

  6. 美白化粧品を使用する場合

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スキンケアアイテムのECショップはこちら

サロンオーナ/セラピスト

早坂美保

エステティシャン/スキンアドバイザー・パーソナルスタイリスト。「若さの基本は素肌力とファッションで盛りすぎずシンプルに飾り自身の素材を活かす若作り」がモットー。見た目と内面の変化を感じるリピーター多数。アウトドア、歌う事、自然が好きな2児の母。
そんなオーナープロフィールはこちらから。
  1. 2021.07.15

    当店のリピーターさん(富谷市在住40代)とラジオ対談しま…

  2. 2021.07.01

    【オンラインカウンセリングお客さまの声】京都府30代ニキ…

  3. 2021.06.22

    エステサロンオーナー、ラジオ配信はじめるの巻

  4. 2021.06.14

    【お客さまの声】大和町吉岡より毛穴・くすみ・テカリにお悩…

  5. 2021.05.28

    エステサロンに行って意味がある人・意味がない人

  1. 2019.01.19

    エステサロンとは?失敗しないエステサロンの選び方

  2. 2017.05.25

    美白化粧品を使用する場合

公式LINE

ブログの更新情報、季節や肌質別ごとのお役立ちスキンケア情報などを配信中。ご予約やお問い合わせも個別チャットでスムーズにできます。「友だち追加」ボタンをクリック、または@puf5919aで検索してご登録ください。