ニキビに何年も悩んでいるなら読んでください。

こんにちは、仙台泉中央富谷のフェイシャルサロンアンベリール早坂(@Embellir0204)です。

毛穴の悩みに次いで多いのは「ニキビ」に悩んでいる人です。

ニキビに悩む人の大半はおそらく小学校高学年からニキビが出始めてる人が特に多い印象ですね。

少なくても当店に来店される人にカウンセリングしていくと、ほぼ10代から悩んでいる人が多いです。

10代から悩み20代、30代、40代と悩み続けていた人も実際に当店にもいらっしゃいますが、

その方達はもともと10代から皮膚科を転々としたり、エステに行ったり、スキンケアレッスンを受けたり自分なりに色々努力はされてきました。

でもなんで皮膚科に行ってるのにニキビが落ち着かないんでしょうか?

この理由は「一人に対してじっくりカウンセリングをしていない」カウンセリング不足ではないか?と私は思っています。

もちろん何か皮膚の疾患が原因であれば皮膚科での治療が必要です。

でも疾患以外の原因だとしたら?

なので私が大切に考えるカウンセリングでじっくり時間をかけてニキビの原因になっている事を探していき、

その原因に沿った対策を考えフェイシャル、スキンケア、生活習慣の見直しで今ではニキビが改善し、毎日快適な素肌で過ごしている方が殆どなんです。

ニキビの根本的な原因は本当に一人一人違うので、しっかり踏み込んで話をしていかないと隠れている事の方が多いんですね。

その部分を見つけるにはやはり時間をかけたカウンセリングが大事だなと日々痛感しています。

何年もニキビに悩んでいる人、何年も皮膚科を転々としているとは参考までにご覧くださいね◎

今回ちょっと長文になりますがぜひ。

10代から悩むニキビ

カウンセリングしていくと10代(小学高学年)からニキビがではじめて悩んでいたという人が多く。

顔全体に出ていた人、おでこだけ全体に出ていた人、頬に出ていた人・・などニキビの出方は様々です。

「思春期ニキビ」なんてよく聞くと思いますけど、子供は新陳代謝が盛んなので皮脂の量はもちろん大人より多く出ていることは確かですね。

そりゃ若い証拠ですw

ただニキビが出やすい子というのは、皮脂量が多すぎず適量を保っている健康なノーマル肌よりももっと多く皮脂が出ているんですね。

そのため自力で排出されるはずの皮脂が多いことで毛穴に残ってしまいニキビの原因になっています。

本来なら小学生でもニキビが出てきているなら軽く洗顔をして〜というケアも必要だったりするんですけど、

「まー子供のニキビはそのうち治るっしょ」とお母さんに言われていることが多いのですね^^;

でも確かに、人によってはニキビも中学までで高校生になったら落ち着いたーということもあるんですよ。

20歳目前にしてニキビが落ち着いたとか。

思春期ニキビの場合はホルモンの影響で一定期間、皮脂量が過剰になってるということもあるんで、

そのホルモンバランスが安定すれば皮脂量も安定してニキビも落ち着くという事はあります。

なのでヘタに皮膚科に行ったりなんだりしない方がいい場合もあるんですけど、その判断がまた難しいんですけど。

最初にも書いたんですけど中には小中高とニキビに悩み、20代・30代・・もずっと悩み続けるという人も多く。

当店にはそんな方々がいらっしゃいます。

ニキビの原因

ニキビの原因は「過剰な皮脂分泌により毛穴に皮脂が詰まってしまうこと」

皮脂は誰でも出てきます、顔ならTゾーン(おでこ・鼻・アゴ〉が一番皮脂線が多いので皮脂分泌が多い部分で。

肌トラブルの少ないノーマル肌の場合は肌の水分量や油分量が安定して毛穴状態も良いので、皮脂が分泌しても出る量が適量。

なので、剥がれた角質も皮脂と一緒に肌の表面へ押し上げられます。

そのまま肌に負担をかけないスキンケアで皮脂もしっかり落とすことができるんです。

先ほど「過剰な皮脂分泌」と書きましたけどこの過剰に皮脂が出る肌タイプというのがもともと性質を持つ「脂性肌(オイリー肌)」と言われるタイプです。

10代でニキビに悩む人も皮脂分泌が過剰なことが原因ですけど、ニキビが出ても出なくてもホルモンの影響で確かに皮脂量は増えるんですよ。

ただ肌の性質そのものが皮脂分泌の多い肌だとしたら、ホルモンの影響でさらに増えるということになりますよね?

そうなると適量の皮脂は自然と排出されるのが、適量以上の皮脂が出てしまうと毛穴から排出しきれない皮脂が残りつまってしまうんです。

そして毛穴の周りで剥がれた角質も毛穴につまってしまい毛穴をふさいでしまう。

なので10代でも自然に排出されない皮脂や角質がつまってしまうとニキビが出始めます。

20代以降のニキビの原因

10代でニキビが出ても10代後半にはスッと落ち着いてくれればいいのですけど、落ち着かずにそのまま20代になるともっと悪化してしまう人も多く。

20代になってもニキビが落ち着かない場合、単純に「ホルモンバランスの乱れ」だけが原因じゃなくなってきます。

それが「大人ニキビ」ってやつですね。

大人ニキビの原因も確かに「皮脂の過剰分泌」が原因ですがそれも色々の要因があります。

大人ニキビ:排卵期のホルモンの乱れ

生理前の排卵期は体温が高くなる高温期になりますから、体温が上がれば皮脂も多く出てきますね。

これは脂性肌とか肌タイプ関係なしに排卵期に皮脂は増えます。

ノーマル肌やそれ以外の肌タイプでも皮脂量が増えますから毛穴状態も少し不安定になり皮脂がつまってしまうこともあります。

白ニキビがプチッとできたりとかありませんか?いつもはニキビ出ないのに生理前は出るんだよね〜のアレ。

なのでノーマル肌でも皮脂量が増えるので、皮脂分泌がいつも多いタイプだと排卵期はもっと増えますよね。

なので排卵期に皮脂量が多くなると分かっているなら食べ物などもそうですけど、スキンケアも保湿ケアや角質ケアをいつもより丁寧に行うことがニキビを抑えるコツでもあります◎

大人ニキビ:生活習慣の乱れ

他の原因は「ストレス」「睡眠不足」「食生活の乱れ」「運動不足」などの生活習慣や環境の変化でのホルモンバランスの乱れ。

上記、生理前の排卵期と同じように皮脂量が増えます。

この内的要因だけではなく、乾燥や紫外線などの外的要因からの肌ダメージでも皮脂分泌が増えることもあるのでニキビの原因って本当に一人一人違うんですよ。

何が原因なんだろうとその人の肌質や体質など細かくカウンセリングしてようやく見つけられることが殆どなので、ニキビは本当に奥が深いなと思います。

甘いもの食べるとニキビが出るとかそんな単純じゃないですね〜

確かに食べ物の影響もあるっちゃあるんですけど、それだけではなく色々な要因が重なってニキビにつながっている人の方が多かったりしますよ。

なのでニキビができやすいという性質を持っている以上、まずはしっかり「ニキビが出ている根本的な原因」を見つける必要が出てきます。

ニキビが治らない人は皮膚科を転々としている

一番最初に書きましたけど、

ここまでニキビに何年、何十年と悩んでいると皮膚科や美容皮膚科、フェイシャルエステなどの第三者に身を委ねてきた人も多いと思うんです。

当店のニキビに悩んでいたほとんどの人が、

「皮膚科に何年も通っていた」

「皮膚科で出された薬を使ってもよくならなかった」

「ニキビや毛穴にいいと言ってたフェイシャルエステに2年も通ってたのにどんどん悪化した」

「美容皮膚科に通っていたけど化粧品が刺激になってやめてしまった」

など、「ニキビをなんとかしたい」という気持ち一心で通っていたんですけど改善の見込みがないということで路頭に迷っていました。

上記にもニキビの原因ということで書いたんですけどやはりニキビって原因が様々ですし、

仮に薬でニキビの炎症が落ち着いても根本的な原因の改善にはなっていないんですよね。

皮膚科で処方される薬は確かにニキビの炎症を落ち着かせることはできるので決してダメだと言ってるわけではないんです。

ニキビの炎症が薬で落ち着いたとしてもストレスで寝不足続きは変わらず、食生活も乱れたままなら??

20代になればメイクも毎日だと思いますし、メイクしないにしても肌は毎日汚れますからスキンケアも各自何かしらはやってますよね。

そのスキンケア自体も肌質に合っていないケアだったとしたら?逆に肌に負担をかけて皮脂量が増えてニキビの原因になっていたとしたら?

薬で落ち着いても、また必ずニキビが出てくるんです。

繰り返しニキビってやつですね、治ってはまた違うところに出てと繰り返すんです。

ということは「はい、このニキビに効く薬使ってね」だけではダメだってことなんですよ。

薬が効かなければまた違う所に行きませんか?

違う所でも治らなければまた次・・と転々としてしまうんです。

ニキビには絶対的にカウンセリングが必要である

一人の肌に対してしっかり向き合い、時間をかけてじっくり話を聞くカウンセリングが絶対的に必要だと私は思うんです。

・ニキビが出ている人の肌の性質
・10代の肌状態
・20代の肌状態
・どんな生活習慣を送っているか(ストレス・睡眠・食事)
・日々どんなスキンケアをしているか
・・・etc

本来なら一人の患者さんに対してカウンセリング時間を設けて対応し、薬を使った後のフォローやその方の肌状態に合ったスキンケアはどうすればいいのか、

生活習慣を整えるためにどうすればいいのか、その方に合った方法はどういうことが無理なくできそうか、、

ここまで一緒に話をして、少しでも改善につながるようにサポートしていかないとニキビが出やすい肌タイプの人たちは困ったままなんです。

私がカウンセリングを何よりも大切にしているのはそういう理由です。

ニキビの原因は色々な角度から見て探してフォローする

確かに私は医師でもなんでもないんです。

「医者でもないのに偉そうなこと言うな」と言われたらそりゃごもっともなんですけど。

でも一般の方よりはニキビに対しての知識は豊富ですし今までもニキビに悩む人たちの改善までサポートさせて頂いてる手前、ちょっとこれは物申したいわけです。

確かに薬だけで治った!って人もいると思うし、皮膚科に通って治ったって言う人もいると思うんです。

でもそれでは治らない人も実際にかなり多いですし、薬で治らないなら「他に原因がある」という事ですから。

他の原因を見つけるためには、違う角度からまた一から見ていかないといけないと思うんです。

どうしても皮膚科や美容皮膚科などの専門医の場合、多いところなら一日にものすごい人数の患者さんが訪ねて来るはずなので一人に対しての診察時間って長い時間はかけられないですよね。

だからじっくりニキビの原因や対策の話ってわりっとパパッと済まされてる人多いんです。(少なくても私のお客さま方に関しては)

薬塗ってどのくらいの期間で、どんな状態になるのか。

ニキビが落ち着いたら何をどう気をつけていけばいいのか。

そんな事を知りたい人は多いんですよね。

ニキビに効くはずの薬だったのに肌荒れが悪化した原因

あと多いのは「薬を塗ったら刺激になって逆にニキビが増えた」とか「乾燥を感じるようになった」など薬が刺激になってしまったり、

勧められた化粧品が刺激になって状態が悪くなったという人たちもいらっしゃいます。

ニキビの薬も種類があるようで、やはり強さも様々なんですね。

化粧品も同じですけど、ニキビ用の化粧品に関しては抗炎症作用のある成分を使っている事が多いので肌の状態によっては刺激になる事があります。

これは肌質にもよるんですけど、ニキビに悩んでいると自己流で色々なケアをして肌に負担をかけている人が実は意外に多くて、

毎日何かしらで負担がかかってる肌は、余計に刺激を受けることがあるんです。

刺激になる化粧品などを使い続けてしまうと乾燥や敏感の原因になり、場合によってはまた皮脂が過剰に分泌してしまいニキビが悪化するということは十分にあります。

実際に今までのお客さまでもいらっしゃいます。

その肌に負担になる薬や化粧品がきっかけでどんどん乾燥、ひどい方は敏感肌になってしまった人もいるんですよ。

なので使うにしても、肌状態に合っているかどうかの判断はしっかり肌を見ていかないとなかなか判断が難しいなと思うんですね。

ニキビに悩んでいる人に向き合ってほしい理由

決して皮膚科をディスってるわけじゃないんですけど、もう少し患者さんに対して向き合ってほしいなと思います。

ニキビって単純なトラブルじゃないからこそ適切な判断って必要だと思うし、患者さんだって「専門医」というだけで期待して病院に行くじゃないですか。

「専門医に行けばニキビが綺麗になる」って絶対的期待感を持って行くわけですから少なからず寄り添った対応を期待しているんですよね。

病院に行くってことはそれだけ悩みをなんとかしたいという気持ちが強いってことですからね。

ここの皮膚科でダメだったから次、前回の皮膚科で言われた事と違う・・じゃーまた違う皮膚科・・

こうやって皮膚科を転々として結局どこの皮膚科でもダメだったという人は多いですし、そのままどうすればいいのかと路頭に迷いまたニキビが悪化・・

本当気の毒なんです。

お客さまから話を聞いていると「そんな対応でいいの?」という事が実際にあるんですよ。

全部の皮膚科とはもちろん言いませんけどもう少しニキビに悩む人に対して時間をかけて話を聞いたり、薬を使ったあとのフォローだったり丁寧な対応をしてもらいたいと思います。

あくまでも個人的な意見ですが。

ニキビの薬も必要な場合はうまく取り入れていく

上記でもニキビの薬で状態が悪化する事もあると書きましたが、肌に合えば薬でニキビの炎症が落ち着くんですね。

ニキビの出かたによりますけど、あまりにも出かたが酷い場合は皮膚科の受診をお勧めします。

そして薬で一旦ニキビを落ち着かせ、その落ち着いた状態をできるだけキープできるようその人の肌質や状態に合わせたスキンケアを仕方を提案します。

ニキビの原因がスキンケアだけではない事もあるので、その場合は生活習慣や食事の摂り方など無理のない範囲でお伝えしてます。

ニキビだけではなく肌の健康や若々しさを保つためだったり、なるべく肌トラブルの出にくい肌にしていくためにも「続ける」というのが大前提なんです。

継続しかないと言ってもいいくらいですけど、アレもコレもと色々な事をやろうとしたって続かなくないですか?^^;

自分ができる事、出来そうかなと思う事を焦らず少しづつ積み重ねていく、ダメだったらまた違う内容で考えていけばいいじゃないですか。

必ず自分の「これなら無理なくできそう」という事がありますからね。

そのために自分一人で苦しまないで、私のような人間でよければ全力でサポートしていますので相談していただければ。

まとめ

ニキビはとても複雑です。

皮脂分泌が過剰だと言っても、ホルモンの影響やスキンケアや・・と原因が内的要因なのが外的要因なのかとしっかり見極めないとなかなか改善が見込めないと思いますし時間が必要です。

当店のリピーターさんの中でも当初はニキビにとても深く悩んでいた方々も原因は同じじゃなかったですし。

ニキビが落ち着くまでの期間はそれぞれですけど、皆さん今ではニキビに悩む事はほぼなくなって毎日快適な肌で過ごせていますしメイクも楽しんでいます。

もちろん状態によっては皮膚科に判断してもらう事が必要です。

私は医師ではないので疾患に対しての治療はできませんので、その際は受診をお勧めします。

でもまずは「ニキビの原因は何か」をカウンセリングの時間をしっかり取って悩みと向き合い話しをする事はとても大事な事だと思うんですね。

ニキビの原因を探して悪化させないようにするにはどうすればいいのか、などをその都度やりとりしながら対策を取っていきます。

季節や生理前、環境、仕事のスタイルなどでも肌は変わりますからね。

その時にどんな事をすればいいのか、メールで対応しながらサポートしていった結果今まで悩んでいた人たちも「肌が変わった」という事を実感してくれています。

(仙台市40代)ニキビ・ニキビ跡にお悩みだった方

 (仙台市30代)ニキビ・毛穴・赤ら顔に悩んでいた方

(富谷市30代)毛穴・ニキビにお悩みだった方

一部の方ですけど、どの方も元々皮膚科や美容外科に何年も通っていたりフェイシャルエステに通っていたり・・という方々でした。

悩みも深く、状態も最初は良くなかったんで時間もそれなりにかかりましたけど今はとても良い肌状態をキープしています◎

「肌って変わるんですね」

これは良くお客さまに言われる言葉なんですけど、しっかりトラブルの原因を探して肌と向き合っていけば変わるんです。

30代だから、40代だから・・と年齢は関係ありませんからね。

ニキビも原因をしっかり探して向き合っていけば必ず落ち着いていきます。

ただ、化粧品つけてニキビが消える!エステしたからニキビが良くなる!という簡単な事ではないという事は頭に置いといてくださいね。

深く悩んでいる方は一度ご相談ください。

ご予約・お問合せはこちら

関連記事

  1. 【要注意】「誰でも・簡単に・すぐ」と謳っている化粧品に振り回…

  2. 【仙台市泉区より】数年通っていたエステサロンに不信感、肌の悩…

  3. 【お客さまの声】やっぱりフェイシャルエステが好きだと再確認し…

  4. 【スキンケア】長い期間肌の悩みが減らない理由

  5. ニキビ・毛穴の悩みが消えず毎日のメイクも楽しめない方へ。肌の…

  6. 【仙台市太白区より】1年近くで肌の悩みはほぼ解消されました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スキンケアアイテムのECショップはこちら

サロンオーナ/セラピスト

早坂美保

エステティシャン/スキンアドバイザー・パーソナルスタイリスト。「若さの基本は素肌力とファッションで盛りすぎずシンプルに飾り自身の素材を活かす若作り」がモットー。見た目と内面の変化を感じるリピーター多数。アウトドア、歌う事、自然が好きな2児の母。
そんなオーナープロフィールはこちらから。
  1. 2020.12.08

    【お客さまの声】「豊かな知識とホスピタリティに感動しまし…

  2. 2020.11.05

    【敏感肌】私の肌はもうこのまま変わらないんだろうなと思っ…

  3. 2020.10.08

    「ちゃんとケアしてるつもり」スキンケアの落とし穴

  4. 2020.08.31

    【お客さまの声】やっぱりフェイシャルエステが好きだと再確…

  5. 2020.08.17

    【オンライン肌カウンセリング】肌の悩みの原因を知ることが…

  1. 2019.01.19

    エステサロンとは?失敗しないエステサロンの選び方

  2. 2017.05.25

    美白化粧品を使用する場合

メルマガ登録


【登録特典】自分の肌は今どんな状態?!カウンセリングシートで肌チェック診断一回無料プレゼント