日焼け止めの選び方について

こんにちは早坂です^^

今回は日焼け止めの選び方についてです。

紫外線がお肌の老化を進めていく、お肌に悪いという事は皆さんもなんとなく知っているのではないでしょうか?

なぜ悪いのか?という事は省略しますね^^;

とにかく悪い影響を及ぼすという事は間違いないので(笑)

紫外線対策としての一つが日焼け止めですね。

日焼け止めにはSPFという紫外線をカットできますよ~という数値があります。

日常の生活を送る(通勤、通学、お買い物、ショッピング等)くらいならSPF30あたりのもので充分ですね。

1日中外で活動をする(スポーツ、運動会、草取りや庭仕事、登山、海水浴等)はSPF50あたりの日焼け止めだとより紫外線カットをしっかりしてくれます。

ただし塗りなおしは何度かしてくださいね。

この紫外線をカットできる数値が高いからいい訳ではなく、数値が高ければ高いほど皮膚に負担はかかります。

お肌に負担をかけた分スキンケアはしっかり行なわないと日焼け止めが原因で肌トラブルを起こす事もありますから注意が必要です。

クレンジングや洗顔は必ず行ってくださいね~

あとは徹底的な保湿ケアです♪

乾燥して敏感になっているお肌の方が日焼け止めを塗ってピリピリと刺激を受ける事があります。

日焼け止めの中に「紫外線吸収剤」というものが入っている商品があります。

一概に悪いとは言えませんが、この成分が刺激を与えてる原因も考えられますので乾燥肌の方や敏感肌の方はご注意くださいね。

今は日焼け止めだけでも沢山の種類がありますので迷ってしまいますね^^;

お化粧品もそうですが、お肌につけるものを選ぶにはまずは自分のお肌状態を知る事が大切です。

トラブルを進行させないためにも大切なことなのです^^

関連記事

  1. 花粉で肌の痒みがでやすい生まれつきの敏感肌、自ら敏感にしてい…

  2. 昔に戻る若返りではなく、新たな若さを作っていくための4つのポ…

  3. 乾燥肌・敏感肌要注意!花粉による肌荒れと対策

  4. 美白化粧品を使用する場合

  5. 顔をすすぐお湯の温度って重要?!

  6. 凹凸が目立つ毛穴の開き、毛穴は一度開いたら塞がらない?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


サロンオーナ/セラピスト

早坂美保

エステティシャン/スキンアドバイザー・パーソナルスタイリスト。「若さの基本は素肌力とファッションで盛りすぎずシンプルに飾り自身の素材を活かす若作り」がモットー。見た目と内面の変化を感じるリピーター多数。アウトドア、歌う事、自然が好きな2児の母。
そんなオーナープロフィールはこちらから。
  1. 2019.03.15

    フェイシャルエステやスキンケアを続けることで現れる肌の変…

  2. 2019.03.12

    花粉で肌の痒みがでやすい生まれつきの敏感肌、自ら敏感にし…

  3. 2019.03.08

    フェイシャルエステやスキンケアを続ける事で現れる肌の変化…

  4. 2019.03.06

    フェイシャルエステやスキンケアを続ける事で肌に現れる最初…

  5. 2019.03.04

    外気温が高くなり暖かくなると「肌の乾燥が落ち着いてくる」…

  1. 2019.01.19

    エステサロンとは?失敗しないエステサロンの選び方

  2. 2017.05.25

    美白化粧品を使用する場合

メルマガ登録


美肌の基本!肌を傷めないクレンジング法&簡単♪洗顔泡立て動画プレゼント


美肌の基本!肌を傷めないクレンジング法&簡単♪洗顔泡立て動画プレゼント